塗装の不具合・劣化説明

外壁劣化状況

シーリングの剥がれ

窯業系サイディング壁面で経年劣化で外壁材が動いた場合に、硬化の進んだシーリング材だと外壁材の動きに対応することができなく、剥がれが生じます。水などの侵入により外壁材の劣化を促進することになります。


チョーキング現象

外壁材全般で外壁の塗料が紫外線で劣化し、塗料を構成している樹脂が分解され、塗料の色粉が表面に残り、手に白い粉が付く現象になります。この状態だと、外壁材の防水性能が著しく低下しているため、外壁材からの水などを侵入させてしまうことになります。早期に塗替えメンテナンスの実施をお勧めいたします。


外壁材の剥がれ

窯業系サイディング面で外壁材の小口もしくは表面から水が浸入し、内部で爆裂を繰り返し、外壁材の表面が剥がれてしまっている状態になります。このまま放置をしておくと、今以上に外壁材の劣化を促進し、全体的な張替えとなってしまいます。早期に塗替えメンテナンスの実施をお勧めいたします。また状況に応じて外壁材の張替えが必要になります。


コケの付着

外壁材全般で表面塗膜の劣化により、表面にコケなどが生えた状態です。表面の劣化で防水性が劣り始めていることで発生します。コケ・藻などが発生した場合には、外壁の塗替えとしてのサインになりますので、塗替えメンテナンスの検討が必要になります。


外壁仕上げ材の剥がれ

コンクリート面・ALC面などの外壁材で内部もしくは外部からの水の侵入が発生したときに発生する仕上げ材の剥離減少になります。このまま放置をしておくと、内部に水が浸み込み、外壁全体の劣化を促進することになります。早期に塗替えメンテナンスを行うことをお勧めいたします。


仕上り塗膜剥がれ

基材との密着不足により生じた仕上げ塗装の剥がれになります。原因として、塗装時の素地調整不足、下塗り不足などが考えられます。全体的に剥がれが生じている場合には全体的な塗替えメンテナンスが必要になります。部分的な剥がれの場合には部分的なメンテナンスを行うことをお勧めいたします。


屋根劣化状況

塗膜の剥がれ

トタン屋根の経年劣化で、塗装を行った面の塗膜剥がれになります。塗膜の劣化が進んできていることから、全体的なメンテナンスが必要になります。状況が悪化してくると、トタン基材を痛めてしまう可能性があります。基材を痛めてしまうと雨漏りなどの原因になるため、早期に塗替えメンテナンスを行うことをお勧めいたします。


表面塗膜の爆裂


軒天劣化状況

鉄部劣化状況

焼付塗装上の塗料剥がれ


亜鉛メッキ面上の塗料剥がれ


木部劣化状況

木部の白化現象


木部の塗料剥がれ


その他劣化状況

タイル壁目地モルタル欠損


木部の黒カビ


木部の白カビ



床面の仕上げ材剥がれ


外壁面の凍害


窯業系屋根の割れ


窯業系屋根の剥がれ


FRP防水の剥がれ


モルタル壁のクラック


軒天のカビ